THOMPSON MAGAZINE

ベルギー通信

ベルギーの自転車人:(4)「Soup-Me」Miekeさんの場合

 

新しいお客さんは少しづつ増えている。
魚や肉を一切使用せず、脂肪分を抑えたこだわりの有機スープの味が、他社よりも受け入れられているようだ。

しかし、Miekeさんの誠実な思いはスープだけでなくビジネスにも向けられている。
ケータリング業界において生き残るために”脱税”を続ける業者は少なくない。一方、Miekeさんはしかるべき税金や経費を支払っている。会社員の頃の収入には及ばないが、こうした努力によりスープミーを支援してくれる人、スープミーのために働きたいという人も出てきた。

現在、スープミーはスタッフを一人増やし、新たに大きなキッチンのあるアパートを借りて、スープだけでなくサンドイッチやお惣菜など大人数のパーティーにも対応したケータリングサービスができるまでになっている。
今も雪が積もったアントワープ市内を心温まるスープで暖めてくれているだろう。

エコで体に優しい有機野菜スープ屋さんをつくりたい、そんな思いでSoup Meを立ち上げたMiekeさん

エコで体に優しい有機野菜スープ屋さんをつくりたい、そんな思いでSoup Meを立ち上げたMiekeさん

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook