THOMPSON MAGAZINE

ベルギー通信

ベルギー通信:(3)ベルギー職人のこだわりバイシクルブティック

 

ベルギーの代表的なブティックショップ、マルセル・キント サロン(Marcel Kint Salon)は、
1939年夏のツール・ド・フランスで優勝を飾ったベルギーのエリート選手マルセル・キントが最初に立ち上げたワークショップの姿を、
その孫であるマルニーク(Marniek)夫婦が再現したものである。

黒鷹とも呼ばれたエリート選手マルセル・キント

1939年のフレームモデルがマルニークの原点だ

1939年のフレームモデルがマルニークの原点だ

1939年、マルセルが使用していたフレーム技術とデザインはマルニークによって忠実に再現され、フレームにはマルセル・キントの署名とロゴも丁寧に刻まれる。

 

その他のパーツは個人が自由に選択でき、プロメカニックスが個人のライフスタイルに合うものをアドバイスしてくれる。
子供用、女性用の注文も大歓迎だ。

マルニークが追求するのはクラシックとモダンの組み合わせ

マルニークが追求するのはクラシックとモダンの組み合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook