THOMPSON MAGAZINE

お知らせ

【サポート選手情報】桶谷選手 日本トライアスロン選手権 中国ブロック代表選考会 2位

トンプソンがサポートするトライアスリート 桶谷(おけたに)祐輝選手が、6/11(日)に島根県にて開催された、日本トライアスロン選手権 中国ブロック代表選考会へ参戦しました。

桶谷選手よりレポートが届きましたので、ご紹介させていただきます!

 

——————————————————–

大会名:日本トライアスロン選手権 中国ブロック代表選考会 レースレポート
日時:2017年6月11日
開催地:島根県 さくらオロチ湖
結果:2位

昨年までは鳥取県で行われていたハワイ湯梨浜トライアスロンに併設されていましたが、ハワイ湯梨浜トライアスロンが昨年をもって終了した関係で、今年新たに作られたレースです。

レースはスプリントディスタンスで行われることになり、昨年まではノンドラフティングで行われていましたが、今年からはエリートレースと同じドラフティングレースで行われることになりました。

バイクコースはアップダウンありフラットありのとてもいいコース。レースしていて楽しそうだなと感じるコースでした。

メンバーを表をみると、スイムで一緒に上がれそうなメンバーはいなかったので、”スイムから攻めて最後まで単独で逃げ切り作戦”に決定。

 

スイム   
スタート直後に体一つ抜け出せたので、すぐに後続を引き離すために全力でいきます。今週のアジアカップ蒲郡を見据えて出るだけ攻めのレースを序盤から展開しました。
375Mを2周回する750Mのスイム。1周を終えた時点で後続と20秒程開いていたので、そのままのペースを維持してさらに差を拡げにかかりました。

 

バイク   
スイムを終えて約40秒。バイクまでのトランジットが傾斜のきつい坂道。ダムの水を直前に放流したせいで水位がさがったのが原因のようですが、バイクラックにたどり着くまでにすでに足が終わりそうなほどきつく、過去最高にきついトランジットランになりました。

後ろは3~4人のグループになると読みましたが、このレースで消極的な展開をしても意味はないのでとにかく逃げることに集中しました。

桶谷祐輝

バイクコースは4周回。レース中は後続との差を把握できなかったのですが、3週目までは30~40秒の差をキープしていたそうですが、ラストで20秒も詰められてしまいました。
ペース配分のコントロールやまだまだバイク力の無さを痛感しました。

 

ラン   
ランは4周回で5kmを走るコース。このレースから新しいシューズを試したのですが、シューズを履くのに時間をかけてしまい、さらにリードを潰してランスタート。

前半は緩やかに登り、後半は下ってきて折り返すというシンプルなコース。

バイクで足を使ったので登りがとにかくきつかったですが、最後までペースをキープできるようにリズムを意識して走りました。

しかし1周目の折り返すときに、広島の小林選手に追いつかれ、ペースを合わせますが、2周目の折り返しで徐々に差を付けられてしまいました。

桶谷祐輝

そのまま差を埋めることが出来ず20秒ほどの差でフィニッシュ。2位という結果でした。

 

まとめ   
先週の中国でのレースよりも調子が上がっているのも感じることが出来ましたし、最後まで前を見続けたレースをすることが出来たので、次のレースに繋がるレースを出来たと思います。

地元での初のドラフティングレース。タイミングチップもないローカルで手作り感満載のレースでしたが、少ないスタッフの中開催して頂き本当に感謝しています。

また、スプリントレースの45分後には参加者でチーム分けを行いミックスリレーも行われました。
一日2本のレースは久しぶりだったうえに、インターバルが45分しかないというかなり厳しいスケジュールでしたが、かなり楽しめるレースとなりました。

——————————————————–
Race Report : Y.Oketani
Edit : N.Sato

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook