THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

ジオメトリー考察 ~フロントセンター編~

トンプソンのバイクを例に、ジオメトリーを読み解くシリーズ。

今回は、下記のジオメトリー表の”M”の部分を示す、フロントセンターについてのお話です。

ジオメトリ-01

 

■ハンドリングやコーナーリングに影響するフロントセンター

フロントセンターとは、BBの中心から前輪車軸までを一直線で結んだ線の長さをいいます。

front center

このフロントセンターは、車体の安定性やハンドリングなど、操舵に影響する部分になります。

フロントセンターが長いと・・・
・ハンドルを切った際に、つま先が前輪にあたりにくくなる。
・スローな切込みになり、ハンドリングやダウンヒルのコーナーリングなどが安定しやすい。
・ホイールベースが長くなる。

フロントセンターが短いと・・・
・ハンドリングがクイックになる。
・長い場合と比べると、立ち漕ぎなど加速時の突っかかりが良い。
・ホイールベースが短くなる。

などが挙げられます。レーシングバイクほど短くなっていく傾向にあります。逆に、ツーリング車やクロスバイクなどはフロントセンターを伸ばすことにより、つま先と前輪の接触を防いだり、フロントフェンダーを装着するクリアランスを確保しています。

DSC_0001-01

フレームサイズが小さいバイクだと、フロントセンターをある程度長くしないとハンドリングが安定しないけれど、長くしすぎると今度はトップチューブが伸びてしまうので、小柄な人が乗れなくなってしまう・・・難しいさじ加減なのです。
こうなるとヘッドアングルやフロントフォークの味付けも関与してくるので、各社メーカーの腕の見せ所になります。

一本松静香

フロントセンターはフレームサイズにより大きく変動するため基準値というものは言いにくいですが、トンプソンの採用している寸法はレーシングバイクに多く採用されている数値といえますが、極端に短い設定ではありません。レーシングバイクとしてニュートラルに受け入れやすい設計となっています。

バイクラインナップを見る>>

————————————————————————————————

 

いかがでしたでしょうか?自転車の構造を知ると、色々な観点から自転車を楽しむことができます。
これまでいくつかジオメトリー考察の記事をご紹介いたしましたが、そろそろジオメトリー表が理解できるようになってきたのではないでしょうか?知ればまた新たな楽しみが見つかります。

 

ジオメトリー考察 ~リアセンター編~

ジオメトリー考察~シートアングル編~

ジオメトリー考察~ハンガー下がり編~

ジオメトリー考察~フロントセンター編~

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式オンラインストア【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook