THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

整備の小ネタ ~ディレイラーハンガーについて~

バイクのお手入れ、行き届いてますか?

バイクは走行すれば、消耗品が減ったり壊れたりするもの。チェーン、ワイヤー、タイヤ、ベアリングなど。
消耗品は挙げたらキリがないですが、その中で今回ご紹介するのは、リア変速機が装着されている部分”リアディレイラーハンガー”についてお話したいと思います。

 

■ディレイラーハンガーについて

リア側の変速機が装着されている金具の部分を、ディレイラーハンガー、又はリアエンドといいます。

hanger

実はこの部分、交換が可能なことはご存知でしたでしょうか?

変速機は車体から少し出っ張っているので、落車やバイクを倒した際にぶつけやすい部分となります。
リアディレイラーハンガーを脱着可能とすることで、落車などで万が一衝撃が入って曲がったり折れたりしても、フレームにはダメージが行かずにハンガーの交換のみで修復が可能になります。

昔ながらのクロモリフレームなどでは交換不可な場合もありますが、昨今ではほとんどが脱着可能となっています。

 

 

■折れていなくても点検を

ディレイラーハンガーには、常日頃から変速機の動きにより力が入っております。そのため、金属疲労でローギヤ側に徐々に曲がっていきます。
変速が何だか調子悪い、でも変速機をいくら調整しても完璧に調整が決まらない。そんな時は、ディレイラーハンガーを疑ってみてください。走行距離や変速頻度にも左右されますが、落車がなくてもおよそ1年~2年半で曲がってくる傾向にあります。

また、振動や衝撃により取り付け部分が緩んだりしている場合もあるので、ホイールを外した際などに増し締め確認をしてみてください。

hanger2

 

■車種により種類が異なります

ディレイラーハンガーは、車種により形状が異なるため、それぞれ専用の物を用意する必要があります。
トンプソンのロードモデルを例に挙げると、これだけ種類があります。

hanger3
左から、FORCE用、CAPELLA用、MAESTRO用、R8300用、CAPELLA Disc用。

ディレイラーハンガーはバイクごとにそれぞれ形状が異なるため、代用が効きません。あなたが乗っているバイクのディレイラーハンガーの予備は、サドルバッグなどに常備しておきましょう。予備を1個持ち歩いているだけでも、出先でのトラブルがスムーズに処理できます。

是非一度、お乗りのバイクのディレイラーハンガーをチェックしてみてください!

また、トンプソンでは公式ネットショップでは、ディレイラーハンガーをはじめとした補修パーツの販売も行っております。トンプソンをご愛用頂いている方でお困りの方は、是非ご利用くださいませ。

公式ネットショップはこちら>>

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式オンラインストア【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook