THOMPSON MAGAZINE

マウンテンバイク

JOY RIDE THOMPSON-多摩川サイクリング-

ロードバイクなら10〜15km程度走るのは朝飯前。走りメインとなるロードバイクでのツーリングならなおさらだ。しかし、マウンテンバイクなら10〜15kmくらいのショートディスタンスのツーリングでも十分楽しめる。舗装路から砂利道、ダートと様々なところを走れ、満足感も得られる。それがマウンテンバイクの魅力でもある。気軽に楽しく、快適に。そんな休日ショートツーリングにはもってこいの場所を今回はご紹介。
さて今回走るのは都内にも近く、ロードもオフ慣れた人であれば物足りないくらい。さらに走りがロードも楽しめる人気のサイクリングコースとしても人気&定番の多摩川。ライダーは、仕事にプライベートに、自転車を満喫しているモデルの山下晃和さん。ここ多摩川も彼の馴染みのコース。
近場で楽しめるプレジャーツーリング、是非みなさんも参考にしてみてください!

MTBならショートディスタンスでも楽しい

今回のツーリングの目的地(ゴール)となるのは、調布飛行場にあるプロペラカフェ。調布飛行場は、都内から程近い場所にあり、大島や新島、神津島、三宅島などへの運行を行なっていて、飛行機好きの人やツーリングなども多く訪れる。また併設するプロペラカフェは飛行機の滑走路に面し、離陸の瞬間などを眺めながら、食事やコーヒーを楽しむことができるカフェとして人気のスポット。
スタートとなるのは、多摩川へのアクセスもよく、輪行もしやすい二子玉川駅。そこから多摩川沿いに入りダートを満喫。ダートを十分楽しんだら、京王多摩川駅付近から一般道路に入って深大寺へ。そして最終目的地である調布飛行場へというシンプルかつ明解な約13km程の道程。
もちろん途中、寄り道をしながら、次々と変わる景色と街を満喫しながら進むルート。週末は友人、パートナーもしくは子供と多摩川ツーリング、みなさんもいかがですか!

多摩川ライドで休日リフレッシュ

ツーリングというと長い距離を走り、時間もそれなりにかかるというイメージがあると思いますが、それはロードバイクでのはなし。マウンテンバイクならオンロードもオフロードも関係なく(スピードにはこだわらず)、比較的近場で、さらに長い距離を走らなくてもツーリングを楽しむことが出来ます。
ということで、今回は、個人的にもお気に入りのコースを今度MTB新基準となる27.5インチホイールを装備する車両で楽しみたいと思います。

001_s002_s
001_s002_s

スタートの場所は二子玉川駅。ここは再開発が行なわれていて、駅前には商業施設が充実し、賑わいをみせる人気の場所となっています。また多摩川へのアクセスもよいので便利。今回のバイクは、マウンテンバイクの新基準となる27.5インチホイールを装備したアルミフレームのモデル。27.5インチのホイールは、スピード持続性も良く、コーナリングにも優れている今後注目すべきポイントです。
駅前から多摩川沿いまでは本当にあっという間で、ほんの100mほど。分かり易い看板もあるので、そこから多摩川沿いに入ります。

001_s002_s
001_s002_s

道もすぐに砂利道、ダートと変わり、周囲も自然に囲まれた感じになり、テンションも上がってきます。ついつい寄り道をしたくなるのもマウンテンバイクの楽しいところ、道を気にせず走ることができるのがいいんですよね。ちょっと遊びながら走りを楽しむのもこういう自転車の魅力。急な坂も一気に登れるか!などチャレンジもしちゃいます。
でひと休憩。この土手から見る景色も長閑で心が和みます。

001_s002_s

それから再び、砂利、ダート、砂利と道がコロコロと変わっていくのを感じつつ、ライドを楽しみました。
水たまりだって、遊んじゃいます(笑)。

001_s002_s
001_s002_s

水分補給をしつつ、土手を上がったり、下りたりしながら、多摩川沿いを大いに満喫しました。

001_s002_s
001_s002_s

川沿いの道を堪能したらすこしお腹も減ってきたので、蕎麦が有名な深大寺を目指します。

途中には、最近ガールズケイリンが盛り上がっている東京オーヴァル京王閣(ケイリン場)もあります。開催している時には中でB級グルメなども味わえるし、プロの自転車の走りも間近に見れて、結構楽しいんですよね。
また、この辺りは自転車専用道路も整備されている場所もあって、改めて専用道路の走りやすさを実感させてくれます。もっと専用道路が増えてくれると自転車乗りには嬉しいところですね。

001_s002_s

走り続けると次第にまわりの景色が変わり、水車が見えたらもう深大寺はすぐそこ。
門前には、鬼太郎茶屋があり、鬼太郎とねずみ男が迎えてくれます。
もちろん、顔出し看板は必須(笑)。そしてお参り。交通安全と商売繁盛を願いました。

001_s002_s
001_s002_s

お参りを終えたらいよいよ昼食。深大寺にきたら、やっぱり蕎麦ですよね。
レトロな雰囲気がいい感じの青木屋さんのオープンスペースで蕎麦を堪能。美味しゅうございました。
さらに深大寺名物のそばぱんも香りに惹かれいただきました。

001_s001_s
002_s001_s

食後はやはりコーヒー。
飛行機を見ながらコーヒーやスイーツを楽しめるというカフェへと向かいます。
深大寺からはそれほど遠くなく、一所懸命にペダルを漕いだらあっという間。飛行場独特のまわりの風景を楽しみつつ、カフェへ。お店は本当に飛行場の中にあり、飛行機が離陸していく姿も目の前で見ることができます。美味しいコーヒーと特製パフェをいただき、その上、飛行機と記念写真も撮って満足。帰りは寄り道せず、まっすぐに帰ります!

近場でも十分に楽しむことができるマウンテンバイクでのショートツーリング。みなせんもぜひ!
おすすめです!

001_s002_s
001_s

今回のコーディネイト

帽子:ニューエラ 日本ハムファイターズ 6,264円
(問) ニューエラ 03-5773-6733
シャツ:クラブライド 13/14 VIBE LONG 10,800円
(問) モトクロスインターナショナル 052-773-0256
グローブ:KABUTO KG12W 5,800円(税抜)
(問) オージーケーカブト 06-6747-8031
パンツ:ポロパンツコーデュロイ 16,200円
(問) リンプロジェクト 03-3842-2883
サングラス:ESS クリィデンス 16,800円(税抜)
(問) ノーベルアームズ 03-6416-8902
シューズ:スカルパ モジト 18,360円
(問) ロストアロー 049-271-7113

今回のコース&スポット紹介


今回のコース「二子玉川駅」
東急田園都市線と大井町線が乗り入れている駅。近年再開発が行なわれ、その地域は「二子玉川ライズ」と呼ばれ、現在も開発が進んでいる。多摩川の河川敷にも近く、アクセスも便利。駅前には複数のショッピングセンターも隣接し、休日に訪れる人も多く、賑わいを見せている。

今回のコース「東京オーヴァル京王閣」
京王多摩川駅の目の前にあるケイリン場。おじさんたちの娯楽場というイメージがあるが、今では、B級グルメコーナーや子供向けのキッズルーム、初心者でも一から楽しむことができるコーナーなどもあり、最近では子供連れやカップルなどの来場者も多く足を運ぶプレイスポットとなっている。また48年ぶりに京王閣でも最近人気のガールズケイリンが開催される。
東京都調布市多摩川4-31-1
http://www.keiokaku.com

今回のコース「深大寺」
天平5年(733年)に法相宗の寺院として開創したと伝えられている寺。自然に囲まれ、また湧水の多い土地として古くから蕎麦が作られ、徳川時代には深大寺蕎麦として、将軍家や上野東叡山にも献上され多くの来詣者にも賞味されてきた。周囲には神代植物公園などもあり、週末は散策スポット、そしてまた名物の「深大寺そば」を求めて訪れる人も多い。日本三大だるま市のひとつとしても有名。門前にある「鬼太郎茶屋」も大人子供問わずに人気。
東京都調布市深大寺元町5-15-1
http://www.jindaiji.or.jp

今回のコース「深大寺そば 青木屋
歴史を感じる木造建築の雰囲気を楽しみつつ、広く、落ち着いた店内でゆっくりと50年以上続く、こだわりのそばを味わうことができるお店。コシの強い食感と風味のある蕎麦は、何度でも通いたくなる味。店内の他、オープンスペースでの飲食もおこなえる。今回、山下くんが食したのは、揚げたての天ぷらも人気の天ざる(1050円)。
東京都調布市深大寺元町5-12-13
http://chofu.com/aoki_ya/

今回のコース「深大寺 あやめ」
たくさんのお店が軒を構える深大寺の中でも人気のお休み処。名物のそばぱんやそばサンド、くさもちにそばまんじゅうなど、懐かしく、ホッとするような食べ物を自然の中で味わうことができる。山下くんが食べているのは、看板メニューのそばぱんのうぐいす。(小豆・白あん・くり・カボチャ・うぐいす・高菜油炒めの6種類の味から選べる)東京都調布市深大寺元町5-15-10
http://chofu.com/ameya/

今回のコース「プロペラカフェ」
調布飛行場内にオープンしているカフェ。滑走路が目の前にあり、飛行機を観覧しながら食事やスイーツが楽しむことができる。広く、軽い店内には、飛行機グッズの販売コーナーやシュミレーターなども常設。また飛行機の格納庫にも入ることができ(一部のみ)、記念写真も撮影可能となっている。山下くんも店名がつけられた美味しく食べ応えも十分な特製パフェにご満悦。
東京都調布市西町290-3調布空港内
http://malibu.jp

SPEC

SPECTHOMPSON XC-650
FRAME&SIZE/ ALUMINIUM 7005   17”-19”-21”-23”
COMPONENT/EVO (SLX&XT)
WHEEL/RODI BLACK JACK
COLOR/BLACK+YELLOW、BLACK+RED
PRICE(FRAME SET)/¥125,000〜

ナビゲータープロフィール

山下晃和
1980年5月21日生まれ。ファッションモデル、フリーライターとして主に雑誌モデルとして活躍。アウトドア、フィットネス、バイク、自転車雑誌など幅広いジャンルに登場・寄稿している。著書「自転車ロングツーリング入門」実業之日本社刊も発売中。
公式ブログ
http://blog.livedoor.jp/akikazoo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook