THOMPSON MAGAZINE

マウンテンバイク

JOY RIDE THOMPSON-初ライドはマウンテンバイクに乗って-

JOY RIDE THOMPSON-初ライドはマウンテンバイクに乗って-タイトルJOY RIDE THOMPSON-初ライドはマウンテンバイクに乗って-タイトル
新しい年を迎えたときの恒例行事とえいば初詣。自転車に乗って神社へ初詣に行く。それはそれでアリだが、もうちょっと面白くしたい。ということで、今回はマウンテンバイクで初詣&初マウンテンライド!寒いときこそ、自転車がいい。寒いのは最初だけ、走れば走るほど暖かくなってくるから。山道を走るのは、空気も良くて清々しい、新年のスタートはマウンテンライドで決まり!目的地は東京都青梅市の御岳山。ハイキングやトレッキングの場所としても人気で、山頂にある武蔵御獄神社はパワースポットとしても知られている。秋冬は空気が澄んでいて、眺望は最高!さらに初詣後、そのままマウンテンライドも楽しめるという絶好の場所なのである。ライダーは、自転車大好きモデルの山下晃和さん、そして編集担当Y。初詣とマウンテンライドを満喫する2014年のファーストプレジャーライド、是非みなさんも参考にしてみてください!

いざ、御岳山!自転車担いで初詣!

今回、初詣&マウンテンライドの目的地となるのは、東京都青梅市にある御岳山と武蔵御嶽神社。この神社は崇神天皇七年に創建されたと伝えられ、その後山岳信仰の興隆とともに修験道の拠点として、平安時代から多くの人々に信仰されてきた由緒ある神社。ここで参拝をおこない、その後、御嶽山頂からスタート。日の出山、養沢、深沢方面へと山道を走りJR武蔵五日市駅へ。自然が作り出した幾つものアップダウンを越え、美しい景色を眺めつつ、存分にマウンテンライドを味わえるルートとなっている。週末、マウンテンライドを楽しみたいと人には最適の場所。みなさんもいかがですか!

楽しく険しい山道ライド MTBならではの楽しみ!

自転車が好き、中でもMTBが好き。ということで2014年最初の自転車ライドはMTBで初詣へ。場所は何度か走ったことのある御岳山。都内からも近く、ハイキングやトレッキングの人もそれほど多くないので、MTBで行っても、あまり迷惑にもならないし、山道もしっかり楽しめるので、おすすめの場所なんですよね。

滝本駅切符購入

スタートは青梅市にある御岳登山鉄道の滝本駅。現地までは輪行でいきます(今回はクルマ)。ここのケーブルカーは自転車積載も可能なので、自転車用の料金を払って、まずはのんびりとケーブルカーからの景色を楽しみます。

ケーブルカー乗車ケーブルカー乗車2

ちなみに今回乗ったケーブルカーは黄色い車両で「日出」号。他に青色の車両「青空」号もあります。降りる駅は御岳山駅。着いたらまずは自転車の準備をします。マウンテンライドでは通常の空気圧のままだと滑りやすいので、グリップ性を高めるために適度に空気を抜きます。

ケーブルカー下車記念写真御岳山自転車準備1自転車準備2

準備を終えたら、初詣へ。自転車を押しつつ、山頂にある武蔵御嶽神社を目指します。

御岳山地図御岳山入口茶屋売店1茶屋売店2

神社までは傾斜がきつく、また一般の参拝客の人たちもいるので、安全のために押していきましょう。神社の手前に着いたら自転車を置き、徒歩で本殿に向かいます。無事参拝を済ませたら待ちに待ったマウンテンライドのスタートです。

徒歩で神社へ1徒歩で神社へ2御嶽神社参拝

その前にちょっと一休みをしたいという人は、神社の手前にあるお土産物屋さん兼お茶屋さんがおすすめです。窓際からの美しい景色をみながらコーヒーを飲むのもいいものです。この時期は寒いので長居をしてしまいがちですが、休憩はそこそこに(笑)。

駒鳥売店ライドスタート
マウンテンライド1マウンテンライド2

お土産屋さんの通りを過ぎたところからライドスタートです。少し走ると山道に変わり、ここからが本番、楽しくなってきます。最初は緩やかな道が続き、徐々に山道らしい木々の幹や岩などによるハードな道となってきます。木木洩れ陽がキレイな山の景色を堪能しながらマウンテンライドを楽しみます。

マウンテンライド3マウンテンライド4日の出山山頂マウンテンライド5

この時期は落ち葉なども多いので、スリップにはご注意を。木々の間の細い道を走っていると普段味わうことができない、自然を感じることができます。これがマウンテンライドのいいところなんですよね。大小のアップダウンを越え、走ること一時間強、少し急な階段を上ると日の出山の山頂に到着です。担当のYさんは早くもグッタリしていました(笑)。

岐路と標識イメージカット
マウンテンライド6マウンテンライド7

山頂でしばらく休憩をしてから、再びゴールを目指します。少し下って岐路にて標識を確認、このような標識は各所にあるので、道に不安な方はしっかりとチェックしてください。
ここからは下りがメイン。急なカーブや激しい凹凸の部分もあるので気をつけながら走りましょう。
転倒といったところでアクシデント発生!
担当Yさんが転倒しました。幸い怪我はなかったので、体勢を立て直して再び出発。下りはスピードが出て楽しいのですが、制動も難しくなるので、気を付けてください。マウンテンライド8マウンテンライド9
マウンテンライド10マウンテンライド11

また山道にはぬかるみもつきもの。入ってしまうとタイヤはドロだらけに。2台ともタイヤがすごいことになりました。

マウンテンライド12タイヤドロドロマウンテンライド13マウンテンライド14

山道の最後辺りでちょっと急な坂道を越えたらゴールも間近。眼下には五日市の街並も見えてきます。最後の坂を一気に下ると、そこはもう舗装路。「もう終了か…」と思いましたが、また来ればいいんです。そして無事、武蔵五日市駅に到着!御嶽山山頂からここまでの道程約12km。Yさん、Kカメラマン、おつかれさまでした。でも楽しかったなぁ。MTB最高っ!次は皆さんもぜひ!

舗装路にゴール 武蔵五日市駅

【ルート】

1.御岳登山鉄道滝本駅
2.御岳平
3.武蔵御嶽神社
4.駒鳥売店
5.御嶽山山道
6.日の出山山頂
7.養沢林道
8.JR武蔵五日市駅

立ち寄りスポット

【滝本駅】

御岳登山鉄道の始発駅となる滝本駅。電車で輪行の場合は、青梅線の御岳駅で下車をして滝本駅まで自転車で。ケーブルカーの運賃は、片道570円に自転車代片道240円をプラスした計810円。乗車時は他の人の邪魔にならないように自転車の置き場所には気をつけて。
御岳山駅までの所要時間は6分。

【御岳平】

御岳山駅構内には売店や喫茶店が併設されている。駅の改札をでたところにケーブルカー乗車写真撮影用の看板が設置。記念に是非一枚。ここからの眺めも十分美しい。ここから神社までは徒歩で15分ほど。

【武蔵御嶽神社】

関東各地から多くの人が参拝に訪れている由緒ある神社。本社は鮮やかな朱塗りで美しい。また神社の境内には大口真神(お犬さま)が祀られていて、愛犬と一緒に参拝する人も多いという。

【駒鳥売店】

御嶽神社門前にある売店。日光・筑波の山並が眼下に広がり、美しい眺望が楽しめる窓際の席がおすすめ。名物のとろろそば他、七代の滝の源水コーヒーや上品な甘さのおしるこがおすすめ。

【日の出山山頂】

標高902mで、名前の由来は、御岳山から見て日の出の方向にあるということから。日の出山からは、奥多摩、丹沢の山々の他、空気が澄んでいるときには新宿の高層ビルや東京スカイツリーも見えるという。山頂は整えられていて、あづまやとベンチがあり、休憩や昼食をとっているハイカーなども多い。

【JR武蔵五日市駅】

今回のゴールとなった武蔵五日市駅は五日市線の終点の駅。電車での輪行の場合は、回ゴールとしたここで自転車を輪行バッグにしまって帰宅。時間に余裕がある人は、つるつる温泉や瀬音の湯などに寄って行くのもアリ。

SPEC(スペック)

衣装:コロンピアスポーツウェア
ウェア:コロンビアスポーツウェア

アイウェア:ESS(イーエスエス)
アイウェア:ESS

山下:WABASH JACKET ¥17,500、ALUM ROCK PANT ¥10,000
担当Y:LOCKWOOD 2 JACKET ¥24,000 、ALUM ROCK PANT ¥10,000 共にESS CROSSBOW (フレーム+レンズ)¥9,240
コロンビアスポーツウェアhttp://www.columbiasports.co.jp
ESS : http://esseyepro.jp

ナビゲーター プロフィール

山下晃和

1980年5月21日生まれ。ファッションモデル、フリーライターとして主に雑誌モデルとして活躍。アウトドア、フィットネス、バイク、自転車雑誌など幅広いジャンルに登場・寄稿している。今年8月、初の著書となる「自転車ロングツーリング入門」実業之日本社刊が発売された。

公式ブログ http://blog.livedoor.jp/akikazoo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook