THOMPSON MAGAZINE

マウンテンバイク

JOY RIDE THOMPSON 〜マウンテンバイクを本気で遊ぶ!

休日はマウンテンバイクライドを楽しむin 富士-
最近では、街中でも普通に乗っている人を見かけるマウンテンバイク。でもやはりその性能を活かすなら山の中。だってマウンテンバイクですから。休日、近所の河原や森や公園を走るのもいいけど、時間に余裕があるのなら、ちょっとクルマの後ろに積んで、ひとっ走り山まで。そんな遊び方も大人のサイクリストならできるはず。さて今回、目的地としたのは、今年、世界遺産に登録され、さらに多くの人が訪れるようになった、日本一の山、富士山の麓でマウンテンライドを体験。実は、関東有数のマウンテンバイクライドのスポットとしても人気なのです。ライダーは、仕事にプライベートに、自転車を満喫しているモデルの山下晃和さん。休日、おもいっきり自然の中で楽しむプレジャーライド、是非みなさんも参考にしてみてください!

 

マウンテンバイクは山が一番!
今回、マウンテンライドの目的地となるのは、山梨県の南都留郡鳴沢村にある山。ほど近くに冬はスキー場、初夏はマウンテンバイクライドを楽しめるふじてんスノーリゾートもあり、自然を満喫できる場所。この辺りは、言わずと知れた国内でも有数の観光スポットで、世界遺産となった富士山の他、河口湖、富士急ハイランド等々、見どころは盛りだくさん。今回は、道の駅なるさわまでクルマで行き、そこからマウンテンバイクでスタート。ふじてんスノーリゾート脇にある鳴沢林道から自然溢れるダウンヒルコースを堪能し、ゴールの精進湖を目指すというルート。週末はちょっと足を延ばして富士へマウンテンファンライド、みなさんもいかがですか!

 

自然の中を走る、 これぞMTBの醍醐味!
街乗りでも十分楽しいMTB。でも本来の性能を発揮し、より一層その走りを味わうならやっぱり林道が一番!大きなMTBレースの参加も控えているということで、今回は山梨県にある僕のお気に入りのスポットに行き、ハイスペックのMTBの乗り心地を楽しみつつ、練習もしてしまおうと思います。

0906_0010906_002

スタートとなる道の駅なるさわまではクルマで輪行をし、そこからはMTBに乗り換えて走りを楽しむ。ツーリング目的ではなく、マウンテンライドのみを楽しみたいとき、輪行はとても賢くて便利な選択です。出発地点に着いたら、自転車を組立てる。クルマの場合、荷物や乗車人数が多くないなら、現地での準備がしやすいよう、前輪を外す程度でOK。

0906_0030906_0040906_005

山の中の舗装がされていない場所を走るので、安全と事故防止のためにしっかりと自転車をセットし、チェックをすることも大事なこと。自転車の準備ができたら、道の駅にある、富士山の冷たくて美味しい湧き水をハイドレーションパックに入れ、準備万端。さて出発です。

0906_0060906_007

すぐに林道に入れると思いきや、入口まではしばらくのあいだ舗装路を走ります。その距離約6〜7km程、緩やかな坂道が続き、トレーニングにもなります。個人的に好きなルートなんですよね。ルートはふじてんスノーリゾート方面に向かい、ストレートの長めの坂を上るとふじてんスノーリゾートの駐車場ゲートが見えてきます。その手前を右折し、いよいよ鳴沢林道に入って行きます。でもその前にちょっとひと休み。水分補給は必要不可欠、走った後の水はおいしい! しっかりと水分と休憩をとったら、再び出発です。緑に囲まれた舗装路を2〜3kmほど走ったところに大自然に囲まれた素晴らしい道への入口があります。

0906_0090906_0100906_0110906_012

ここからはずっと下りの道、ゴールとなる精進湖まで約10キロ、小一時間のダウンヒルをたっぷりと楽しめます。

0906_015b0906_013
0906_0140906_016b

道はまさに自然の林道で、緑のトンネルの中、自然を満喫しながらMTBライドを楽しむことができます。坂の傾度も緩急があり、また道の幅もバラバラ、同じ自然の中を走っていながらも、次々と違った自然の風景が目に飛び込んでくるので、飽きることなく快適に走ることができると思います。もちろん、スピードも出るので、十分安全にはご注意を。途中、この辺りの観光スポットとして人気の鳴沢の氷穴の駐車場で一休みをし、後はゴールを目指すのみ。

0906_0170906_019b

自然の中、風を感じながら颯爽と走るのもよいのですが、途中ちょっと緑の中を歩いたり、休憩をしながら、ゴールを目指すのも楽しいもの。きっと心も癒されると思います。

0906_0200906_021

そんな風に楽しんでいるうちに、あっという間にゴールの精進湖にも着いてしまいます。そして「ゴーーール!!」。この瞬間はやっぱりたまりません。さらにゴールの精進湖からは、運がよければ美しい富士を見ることもできるんです。

0906_022

早起きをしてしっかりと体を動かしたら、栄養補給。ご飯もさらに美味しくなります。おすすめはやはり、山梨といえばほうとう。うどんのようなもちもちとした太めの麺を野菜と一緒に味噌仕立ての汁で煮込んだ料理で、この辺りの名物料理です。春夏秋冬、いつ食べても美味しく、栄養もボリュームもたっぷり。僕もこの辺りにくるとよく食べます。自然の中を楽しく走れて健康的にも○、さらに地元の名物料理を堪能できるMTBライド、「いつ行くの?今でしょ!」と思わず言いたくなるほど、オススメです。

0906_023

MTBライドの基本ポイント!

1.ブレーキングは指1〜2本で!
MTBのブレーキは強力なので、ブレーキングには指1本(人差し指)もしくは2本(人差し指と中指)ほどで行うくらいがベター!

ブレーキングは指1〜2本で!ブレーキングは指1〜2本で!

 

2.肘を軽く曲げてハンドリングを快適に!
ハンドルのポジションは、肘を軽く曲げること。肘が真っすぐだとハンドリングの際、可動範囲が狭くなってしまうためNG。

肘を軽く曲げてハンドリングを快適に

 

3.視線は前方をしっかりとキープする!
足元の良くないダートやオフロードは視線が下にいきがち。しかし、足元よりも前方の障害物に気をつけ、視線は前方に!

視線は前方をしっかりとキープする視線は前方をしっかりとキープする

4.下り坂のブレーキングは後輪に体重移動を!
勢いがつく下り坂のブレーキングは、ニュートラルポジションから両腕を延ばし、上半身(お尻)を後輪の上に移動させながらおこなうこと。

下り坂のブレーキングは後輪に体重移動を

5.スタンディングポジションはクランク上が基本!
スタンディングポジションは前気味、後ろ気味にならないよう気をつけ、クランクの真上辺りを基本として、左右前後にバランスをとること。

スタンディングポジションはクランク上
おすすめスポット
ルート
1.道の駅なるさわ
2.天神山入口からふじてんリゾートへ
3.鳴沢林道
4.精進口登山道
5.鳴沢氷穴
6.東海自然歩道
7.精進湖

道の駅なるさわ【なるさわ道の駅】
富士五湖の中心に位置し、美しい富士の眺望も楽しむことが可能な雰囲気のよいスポット。広々とした駐車スペースに血液をさらさらにし、血糖値を下げる効果もあるというバナジウムを多く含んだ「不尽の水」のコーナーや地元なるさわで採れた新鮮な高原野菜などの販売コーナーの他、16種類の温泉が堪能できる温泉施設「富士眺望の湯ゆらり」が隣接している。
山梨県南都留郡鳴沢村8532-63
http://www.vill.narusawa.yamanashi.jp/forms/info/

0906_008とふじてんスノーリゾート【ふじてんスノーリゾート】
東京都心からクルマで90分。富士山のふもとにあスノーリゾート。冬はゲレンデとして多くの人が訪れ、春夏秋は、マウンテンバイクを存分に楽しむことができる7つのコースを備え、サマーゲレンデを満喫できる。基本はダウンヒル(下り)なので、楽チン&爽快!
山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-1
http://www.fujiten.net/pc/index.shtml
鳴沢氷穴【鳴沢氷穴】
青木ヶ原樹海の東にあり、富士五湖観光の人気スポットとして年間を通して多くの人が訪れている。864年に富士山の側火山である長尾山噴火の際、その溶岩流によってできたのがこの洞窟。穴の距離は150m、平均気温3℃。天井からしみ出した水滴が凍ってできた氷柱が見物。お土産売り場にあるちょっと変わったとうもろこしソフトもおすすめ。
山梨県南都留郡鳴沢村8533
http://www.mtfuji-cave.com/contents/ice_cave/
精進湖【精進湖】
富士河口湖町にある湖で、人の手が加わっていない自然が生んだ絶景スポット。湖自体は、富士山の火山活動によって作られた堰止湖で、富士五湖の中でも一番小さい。釣りやキャンプなどを楽しむ人の他、毎年カヌーの大きな大会も開催される。富士山をキレイに見ることができる場所としても人気。
山梨県南都留郡富士河口湖町精進湖
ほうとう【ほうとう】
山梨県を中心とした地域で作られている人気の郷土料理。農山漁村の郷土料理百選のひとつにも選ばれている。小麦粉を練り、ざっくりと切ったうどんのような麺を野菜や他の様々な具材を味噌仕立ての汁で煮込んだもの。俗説のひとつに武田信玄が自らの刀(宝刀)で具材を刻んだというものもある。山梨県を訪れたら必食の料理。
magazine-top_07
0906_自転車紹介THOMPSON 『CR29』
FRAME & SIZE/ HM CARBON 3K 17”.19”.21”
FORK/ROCKSHOX30 GOLD AIR ALU STEERE+RLO
SIFTER/SHIMANO DEORE M590
FRONT DERAILLEUR/SHIMANO DEORE M590
REAR DERAILLEUR/SHIMANO XT M781
WHEEL/RODI BLACKJACK XC29
COLOR/YELLOW+BLACK
magazine-top_08
0906_トップページ候補2山下晃和
1980年5月21日生まれ。ファッションモデル、フリーライターとして主に雑誌モデルとして活躍。アウトドア、フィットネス、バイク、自転車雑誌など幅広いジャンルに登場・寄稿している。今年8月、初の著書となる「自転車ロングツーリング入門」実業之日本社刊が発売された。
公式ブログ:http://blog.livedoor.jp/akikazoo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook