THOMPSON MAGAZINE

ロードバイク

カスタム次第で遊び方は無限大!グラベルバイクの魅力

近頃、何かと話題のグラベルバイク。バイクメーカー各社のラインナップにはグラベル系バイクが増え、最近ではシマノからグラベル向けコンポの「GRX」が展開されました。新たなスポーツバイクの楽しみ方として、面白い選択肢になりそうなバイクです。最近では世間でもキャンプブームという事もありますし、サイクリストキャンパーも増えているのでしょうか?

yamashita r9300 ride

 

さて、そんな遊び心がくすぐられるグラベルバイク。一見、ロードバイクと同じようなシルエットをしていますが、ディティールを見てみると全く違う事に気が付きます。

まず大きく違うのはタイヤが太いという事。またそれを装着するために、ロードバイクより長めに設計されたホイールベース、タイヤクリアランスなど。

R9300_2

「それってシクロクロスバイクでは?」 いやいや、これがまた微妙に違うのです。グラベルバイクには、シクロバイクにはないフェンダーやキャリアのダボ穴が設けられていたり、BBハイトが低く、ホイールベースは伸びている傾向にあります。

シクロクロスほどオフロードレーサーの思考ではなく、ロードバイクほどピュアなオンロードバイクでもない。ではグラベルバイクっていったい何なんでしょう?

そんなわけで今回は、トンプソンがラインナップするグラベルバイク「R9300 GRAVEL」をもとにご紹介していきたいと思います!

————————————————————————————————————————————–

 

■グラベルバイクの楽しみ方とは?

そもそもグラベルバイクって何なのでしょう。グラベル=砂利という意味もあり、カタログやイメージ写真ではその名の通り砂利道やオフロードを走っているシーンが多く見られますね。しかしこれはあくまでも、数ある楽しみ方のほんのワンシーンにしかすぎません。

R9300 gravel road

ズバリ、グラベルバイクに「楽しみ方の定義はない」といえるでしょう。正解も不正解もなく、どんな風に楽しむかはあなた次第。では、グラベルバイクの楽しみ方にはいったいどういったものがあるのでしょうか?

 

 

■アウトドアを本気で遊べ!ツーリング&キャンパー仕様のR9300 GRAVEL

ファッションモデル&トラベルライターとしてお馴染みの山下晃和さんのバイクをご紹介。アウトドアやキャンプの達人である彼のバイクは、誰もが見て分かるようなキャンパー仕様になっています。

yamashita r9300 1

テントやキャンプギアを積載して全国各地のスポットを巡る山下さんのバイクは、まさにツーリングバイクとして完成されている姿です。ペダルにはピン付きのフラットペダルをチョイス。各地を訪れた際は写真を撮ったりバイクを押して歩く事もあるので、スニーカーで乗ることも多いそうな。

r9300 yamashita6

どんなテーマで走るのか?どんなキャンプをするか?内容によっても積載するキャンプギアは異なってくるそうです。このあたりはワタシは全くの無知なので、山下さんがこれまで執筆された記事をご覧ください。人任せでスミマセン(^_^;) 検索すればたくさんでてくると思います。

r9300 yamashita camp

 

 

■グラベル、ツーリング、シクロ、何でもOK!オールラウンド仕様のR9300 GRAVEL

そしてこちらは、静岡県浜松市のサイクルショップ「Green Cog」の店長 山本さんのバイク。山下さんのバイクと比べて異なる主な点は、フェンダーがない事や、シクロクロス用のブロックタイヤを履いている事。

green cog r9300

日頃から開催しているショップ走行会にて、近くのグラベルやトレイルに走りにいっているという山本店長はR9300 GRAVELで走られており、なんとこのバイクで東海シクロクロスにも参戦したそうな。どのジャンルにも傾倒しない、マルチパーパスなオフロードバイクといえるでしょう。

green cog r9300_3

「グラベルバイクでシクロはさすがに厳しいかなと思っていたのですが、全然そんなことはありませんでした!シクロバイクよりもちょっと長いホイールベースと、グラベルバイクにしては軽い車重のおかけで、ハンドリングの切り込みがマイルドなのに速く走れて非常にGoodでした。本気で上を目指したい人はピュアなシクロバイクに乗った方が良いですが、エンジョイ勢はむしろこういうバイクの方が向いているかも?」と店長談。

 

 

■カスタム次第で楽しみ方は無限大

上記2台のバイクをご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか?同じバイクでも用途やカスタムによって、まったく違うバイクになる事が分かりましたね。しかし、これらもあくまで数ある楽しみ方の中の一例。あなたのアイディア次第で、様々なカスタムバイクを作る事が可能です。

r9300 yamashita1

あなたならどんなバイクにしたいですか?

私はそうですね・・・、キャンプやアウトドアにはまだ挑戦した事がないのですが、ロングライドが好きなので、片道200km~300kmくらいの長距離をのんびりと快適に走れるバイクが作りたいです。28Cくらいのスリックタイヤを履かせて、1泊分の荷物が積載できる程度のライトなキャリアとバッグを取り付けて、田舎の田園風景の中をゆっくりと走りたいです(^_^)

次は私もグラベルバイク買うか~…?(笑)

R9300 GRAVELについて>>

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook