THOMPSON MAGAZINE

ロードバイク

【サポート情報】嘉瀬峻介選手 ツールド美ヶ原 チャンピオンクラス 3位

去る6月30日(日)、長野県・美ヶ原高原にて開催されたヒルクライムレース「ツールド・美ヶ原高原自転車レース大会2019」に、トンプソンがサポートを行う嘉瀬峻介選手が出場し、3位入賞という成績を収めました!

嘉瀬選手よりレースレポートが届きましたので、ご紹介させていただきます。

kase photo

————————————————————————————————————————————

 

今シーズンはスタートが遅め&美ヶ原と乗鞍の松本ヒルクライムシリーズを狙っていたこともあり、自分の合格ラインで臨んだのはこのレースが今年初。懸念していた体重もなぜか2日前に激減して絶好調で臨めました。

kase utsukushigahara1
Photo:S.Kase

ただ当日の天気は最悪で、コースは序盤の激坂区間と美鈴湖の湖畔の平坦区間を走る、4.7kmという超短縮コースでの開催に変更。(本来のレースは全長21.6km、標高差1,270m) スタート直後から3キロ平均10%超えで誤魔化しは効かないコースです。

 

レーススタート直後、すごい勢いで1人飛び出し、それを加藤選手(今シーズン無敵状態)がペースで追走。加藤選手にギリギリでついていくと、序盤の1番きついと思われる直線の登りで後ろは結構離れている。その後自分が加藤選手についていけず、少し離れてギリギリで回す。前では加藤選手が先行していた長谷川選手をパスし1人で先頭に。ただ加藤選手とのギャップはそこまで広がっていないので、コーナーでは最短を突きあきらめず追う。

激坂区間の中盤過ぎで後ろから来た中村選手(去年の乗鞍優勝者)ともう一名に追いつかれ、これもギリギリの強度でついていけず激坂終盤で千切れる。激坂終了の時点で加藤選手、中村選手、長谷川選手、自分ともう1名が、5秒間隔くらいずつで通過。その後の平坦では激坂賞の計測終了ポイントをゴールと間違えて一瞬緩んだものの踏み直して、前の長谷川選手を刺して3位。

kase utsukushigahara3
Photo:S.Kase

勝てなかったのは悔しいですが、この誤魔化しが効かないコースでこの順位に食いこめた事には手応えを感じました。松本シリーズでは前の2人は大きな壁ですが、今シーズンもまだまだやれそうなので、次に向けて積み上げていきます!

 

次戦は、7月27日・28日に秋田県にて開催されるMt.鳥海バイシクルクラシック 矢島カップです。このレースは、1日目が8kmのタイムトライアルで、2日目が27km 標高差1,100mのヒルクライム。

もりもり食べて乗って、もうひと回り強くなって臨みたいと思います!

kase utsukushigahara2Photo:S.Kase

————————————————————————————————————————————

 

嘉瀬選手によるレポートをご紹介いたしました。

今シーズンも表彰台続きのレースが続いている嘉瀬選手。昨年も輝かしい成績を数々残していますが、今シーズンこそはビッグタイトルで表彰台の真ん中を狙いたい嘉瀬選手。シーズン真っ只中の今日この頃、嘉瀬選手の活躍やいかに!?

引続きご声援をよろしくお願いいたします!

kase-01

嘉瀬峻介選手について>>

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook