THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

意外と大変な写真撮影のワンシーン

トンプソンのHPやカタログに掲載している、カッコいい写真たち。たとえば、こんな写真。

003-11

自転車メーカーに限らず、世界中に存在するあらゆるメーカー・ブランドには、このようなイメージカットというのは付き物です。トンプソンでもニューモデルが出るたびに、イメージカットのロケーション撮影&スタジオでの物撮りを行いますが、実は意外と大変な作業なのです。今回はその撮影風景をお見せしようと思います。

 

今年のトンプソンのカタログの表紙を飾っている、エアロモデルのBLADE

黒いシックな背景から浮かび上がるバイクのシルエットが、なんとも言えないくらいにカッコいい写真です。でも、この写真1枚撮るのも、裏方は大仕事。

blade photo

 

スタジオにバイクを設置して、アングルを決めてバイクを固定して、光の当たり具合を調整して、試し撮りしてはまた調整してと繰り返します。「もうちょい、2センチくらい左・・・」「あ、ハンドル1センチくらい左に曲げて」等々、細かい調整をしていきます。光の当たり具合を調整しているのでしょうか?ド素人の私スタッフさっぱり分からず・・・(^_^;)

物撮り1-01

 

撮影のセッティングが終わると、こんな感じ。

物撮り2-01

ここまできて、やっとシャッターが押せます。

他にも、真横からのアングルや細かい部分のカットなど、すべてのバイクラインナップをセッティングをかえながら撮影していきます。朝からスタジオにこもって、カタログ1冊で使う分の写真を撮り終えるころには、外はすっかり夕方。ひとくちに写真といっても、難しいなぁ~と実感する1日でした。

 

お次はロケーション写真。R9300 GRAVELを駆る山下晃和さんが、グラベルロードの奥へとペダルを進めるこのシーン。

R9300 gravel road

なんだか、日本じゃないみたいなステキなロケーション。

こちらの撮影風景は、こんな感じ。

r9300_yamashita5

1枚撮影しては、その場でチェック。

「どう?」
「うーん、草のかぶり方が…ちょっと左寄りでもう1回いけますか?」「周りの景色、ちょっと流しすぎかな。もうちょい止めてもっかい良いですか?」

リテイクをくりかえす事数回。やっと納得のいく写真が撮れました。物撮りも難しいですが、動きの写真はその瞬間しか撮れないので、これもまた難しい… 何事も極めていくと、奥が深いです。

r9300_yamashita3

そんなこんなで、皆さんの力が合わさって完成したトンプソンのカタログやHPは、思い出がたくさん詰まっています。カタログを手に取った際は、是非じっくり見て頂けると嬉しいです(^_^)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook