THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

ディレイラーから聞こえる異音の正体は?しっかり直して快適で安全なライドを!

サイクリストのお悩みやトラブルって、色々あると思います。クリートの位置がしっくりこない、サドルがお尻にあわない、ハンドルを上げたり下げたり・・・自転車に乗る上で悩みは人それぞれ付き物。

そんな数あるサイクリストのお悩みの中でも、一番頭を悩ませるのが「リアディレイラーの変速不良」ではないでしょうか。変速の調子が何だかおかしい、調整してもあまりよくならない。何で!?なんて事、皆様一度は経験済みかと思います。変速動作が調子悪いと、それだけで楽しいライドが台無しになってしまいます。

そんなわけで今回は、リアディレイラーが不調の時に試したい、チェック項目をピックアップしてみましたのでご紹介したいと思います。

きさトラ当日_3

—————————————————————————————————————

 

原因1:ワイヤーが緩んでいる

変速不良の原因として、一番多いパターンがこれです。日々の変速動作や経年で、シフトワイヤーも経年で伸びていきます。ワイヤーテンションの調整を、もう一度行ってみましょう。

shift cable1-01
▲ワイヤーの緩みだけでなく、長期間の使用によりワイヤーがほつれてしまう事も。少しでも違和感を感じたらバラしてみましょう!

 

原因2:ディレイラーハンガーが歪んでいる

ワイヤーの緩みの次に多い原因がこれ。落車や衝撃を与えたことがなくても、変速動作を行っていくうちに経年劣化でハンガーは曲がっていきます。ワイヤーの調整をいくらやっても直らないという場合は、ディレイラーハンガーが原因の場合が多いです。最近交換していないなと思ったら、チェックしてみましょう。

hanger

 

原因3:チェーンが伸びている、スプロケットが摩耗している

ワイヤー調整、ハンガー交換を行っても直らない場合は、チェーンの伸びやスプロケットの摩耗が考えられます。これらが摩耗するとギアのかみ合わせが悪くなり、変速不良を招きます。しばらくチェーンを交換していない、スプロケットはいつから使っているのか分からないなんて場合は、交換してみましょう。

cable6

 

原因4:リアディレイラーが歪んでいる

ここまでやっても改善されない場合は、リアディレイラー自体が歪んでいるパターンもあります。正確には、ディレイラーのプーリーケージが歪む事が多いです。右側に落車をした事がある場合は、可能性ありです。心当たりがある場合は、思い切ってディレイラーを新品に交換すると治る場合もあります。もし余っているディレイラーが手元にあれば、まずはそれで試してみるのも良いでしょう。

————————————————————————————————————————————-

 

いかがでしょうか。

ひとくちに変速不良といっても、実はワイヤーの劣化だけではないのです。その原因は、長期間乗れば乗るほど様々です。そして、不調をあまり放置し続けていると、大きな事故につながったり最悪は死亡事故に至るおそれもあります。これは、変速機だけに限った話ではありませんね。

あなたの命を乗せて走る大切な愛車。少しでも違和感を感じたら、メンテナンスをしてあげましょう!

ruy blade1

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook