THOMPSON MAGAZINE

ロードバイク

“一目十万本”と言われる「あんずの里」とは?ちょっと変わったお花見ライドin長野県千曲市

新年度が始まり、新元号「令和」が発表され、ゴールデンウィークという大型連休を控えた今日この頃。

東京都をはじめとした首都圏・関東圏では、4月の初旬頃に桜の見頃はピークを迎えていたようで、4月中旬を迎える今日、地面には散った桜の葉が目立つようになりました。

桜とトンプソン-01

 

さてそんな今日この頃。桜ももちろん綺麗ですが、それと同じくらいに綺麗で、ピンク色で、桜にそっくりな花として「杏」の花があります。

杏の生産量が国内ナンバー1といわれている長野県千曲(ちくま)市には、「あんずの里」という名所があり、開花の時期になると一面に杏の花が咲き乱れる場所があります。視界に入りきらないほどの杏が咲いており、それは「一目十万本」といわれている程。そんな杏の花を見に、今回はサイクリングに行ってきました。

anzu6

 

杏の花が見頃を迎えるのは3月末頃の開花宣言から約2週間ほどで、散り始めも早く、桜よりも見られる期間は短め。「どこかの週末で見に行こうかな~?」なんて言っていると、意外とタイミングを逃してしまいがちなのです。

この記事を見て行ってみようと思っている方は、もしかしたら次の週末にはもう見頃は過ぎてしまっているかも?しれませんが、来年の楽しみという事でスケジュールに入れてみてはいかがでしょうか?また、6月下旬~7月中旬には実の収穫時期ということで、杏狩りも開催されています。ご興味のある方は是非ググってみてください。

そんなわけで、いつもの如く前置きが長くなってしまいましたが、ちょっと変わった私のお花見ライドレポートを、ご紹介したいと思います。

———————————————————————————————————————-

 

今回目指す場所は前述の通り、長野県千曲市にある「あんずの里」。最寄り駅は、しなの鉄道の屋代駅からタクシーで10分。クルマでのアクセスは、上信越道・更埴ICが最寄となります。

公共交通機関でのアクセスは、正直ちょっと不便。しかし調べてみると、どうやら北陸新幹線の長野駅から目的地までは、約17kmの道のり。これならば、東京から新幹線で輪行して、長野駅からは自走をするというアプローチをとる事ができます。週末に輪行で小旅行気分を味わうには、ちょうどいい距離といえるでしょう。

私スタッフは今回、新幹線代がもったいないので荷物の手軽さを優先してクルマでのアクセスをチョイス。自宅から目的地までは片道約200kmの道のりでしたが、日頃のイベント出展で鍛え上げたドライブスキルで、長距離ドライブはやスケジュール調整は慣れっこです。自転車メーカー・代理店スタッフさんのあるあるではないでしょうか….(笑)

そんなこんなで、道中の仮眠や休憩もそこそこに関越道・上信越道を淡々と走り抜け、9時半には現地に到着。早朝は少し肌寒かったけれど、この日の最高気温は17度。現地に到着した時はすっかり陽ものぼり、ポカポカ陽気でした。早く走りたい!さあ、バイクの準備をしていざサイクリングへ!!

 

■「一目十万本」あんずの里へ

長野駅の近くのコインパーキングにクルマを置き、国道18号線・上信越道の近くの農道を経由しながら、目的地までペダルを回す事約17km。

「あんずの里」がある千曲市・森地区へ。

anzu1

綺麗な川を見つけたので、橋の上でパシャリ。奥には杏の花や、開花祭りの幟が見られます。右手には何やら売店のような物もあります。どうやら、お土産屋さんのようです。帰りに寄ったので、記事後半でご紹介します。

 

写真撮影もほどほどに、さらに先に進むと・・・

anzu2

まるで海外の自転車レースにでも出てきそうな、絵に描いたような素敵な田舎道が現れました。前方に見えるピンク色の花は、杏の木々です。

このあたりは丘のようになっていて、前方に続く登り坂を登ったところが、あんずの里の頂上のようです。写真では分かりづらいですが、頂上には観光客用の駐車場があり、人だかりが見えます。行ってみましょう。

これが、頂上からの景色だ!!!

anzu3

咲き乱れる杏の花が下界一面に広がっていて、辺り一面ピンク色。写真には納まりきらないほどの量で、前後左右にもまだまだたくさん咲いて、その様はまさに「一目十万本」。奥に見える雪の被った山は、南アルプスでしょうか?

私のバイクもピンク色。まるでこの日のために用意したのでは?とでも言わんばかりの目立ち具合です(笑)

anzu4

 

頂上からの景色はもちろん、道中の景色もステキでした。走っては止まってカメラを出し、写真を撮ってはまた走り出して。そんな事をしながら、しばしこのあんずの里を堪能しました。

いろいろ写真を撮ったので、何枚かご紹介したいと思います。

anzu6

anzu7

anzu5

 

そして帰りには、行きの道中で見かけて気になったお店へ立ち寄ってみました。

anzu8

ここは「あんずの里のあんずショップ」いうお店で、その名の通り様々な杏商品を販売しているようです。ポピュラーな干し杏のほか、シロップ漬け、ジャム、お酒、お菓子などなど、一通りそろっていて、杏尽くしです。

 

そんな中でも私が一番気になったのが、杏のソフトクリーム。いったいどんな味がするんでしょう?初めて見かけたスイーツだったので興味津々。おひとつ頂きました。

anzu9

オレンジ色の杏ソフトは、想像以上に杏の味がしっかりとしていて、濃厚なミルクアイスとの風味が丁度いい感じに合わさり非常にデリシャス!!しかし、野郎の手だとインスタ映えはしないそうです(^_^;)

 

美味しいアイスを頂いた後は、自宅に持って帰るお土産として、干し杏とジャムを購入。平均的なものよりも、ちょっと高めの良い物を買ってみました。今回はバックパックを持って、完全ポタリング仕様で臨んできたので気兼ねなくお土産を買って持って帰る事ができます。

cycling・ジテツー

▲今回はレーパンの上から短パンを履き、リュックを背負うスタイルで行ってきました。これならコンビニやカフェ程度でしたら気軽に入れますし、お土産を買って帰ることもできます。本当はビディングシューズも、ロード用ではなくMTB用の歩きやすいものを導入すれば、ポタリグやグルメライドがもっと捗りそうですね。

———————————————————————————————————————-

 

普通とはちょっと違ったお花見ライドをご紹介いたしました。

サイクリングのいいところは、徒歩よりも速く行動範囲が広がる事、車よりも景色に余裕を持って楽しめて、気になる場所があればすぐに立ち止まれる事。今回は、そんな自転車の長所を思いっきり活用したサイクリングになりました。

nasu4

自転車シーズン真っ只中の今日この頃。2019年も思う存分楽しんでいきましょう!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook