THOMPSON MAGAZINE

ロードバイク

トンプソン 2019年モデルはどこが変化した?カーボンモデルを比較!

2019年1月に発表となった、トンプソンの2019年モデル。

様々なアップデートがありましたが、やはり今季のニューモデルとなる「BLADE」の登場が印象的かと思います。

BLADEの登場により2019年モデルのカーボンロードバイクラインナップは、TTバイクのAIR STREAMを除くと

●BLADE
●FORCE
●CAPELLA
●CAPELLA Disc
●MAESTRO
●MAESTRO Disc
●Diva CAPELLA
●Diva MAESTRO

の、計8車種。バイクラインナップはこちら→https://thompson.jp/bikes

これらのバイクはそれぞれどのような特徴があり、どのようにチョイスしたら良いのでしょうか?今回は、トンプソンのカーボンバイクについてご紹介していこうと思います。現在トンプソンをご検討中の方にも、ご参考になれば幸いです。

yamashita _free

————————————————————————————————————————

 

■トンプソン初のエアロロードモデル「BLADE」

BLADEは、トンプソン初となるエアロロードモデル。フレーム形状こそエアロ効果を狙ったものになっていますが、ボリュームはベルギーブランドらしくしっかりと作られています。石畳の悪路を走破できる耐久性と振動吸収性能を備え、近年のトレンドであるディスクブレーキシステムを採用。主に、平地や軽いアップダウンのあるロードレース等、アベレージスピードの高いシチュエーションで活躍できるバイクです。

blade7-01

 

■その他モデルはカラーリングデザインをリニューアルし、ラインナップを継続

BLADE以外のカーボンモデルは、昨年よりラインナップを継続しカラーリングデザインのみリニューアル。

フラッグシップモデルは変わらずFORCEとなっていますが、最近ではオールラウンドモデルのCAPELLAの人気が高まっている傾向にあります。

全日本_ohtani▲2018年 日本トライアスロン選手権でCAPELLAを駆り、8位の成績を収めた大谷遼太郎選手。

「振動吸収性能、剛性、軽快さのトータルバランスが非常に優れていて、なおかつスピード感がある。総合点の高いオールラウンダーなので、あらゆるシーンにハイレベルで対応できる」

というインプレッションを多くいただきます。実際に、現在のトンプソンサポートアスリートの使用バイクは、CAPELLAの割合が増えてきています。
【トンプソンサポートアスリート】https://thompson.jp/athlete

 

また、ヒルクライマーや軽量なライダーには、MAESTRO派が多い印象です。

ベルギーの石畳を走破する走行性能を備えながら、極限まで軽量化を行ったモデルという事で、「動きは軽いのに、路面のデコボコや段差で突き上げがこないので快適。ストレスを感じることなくグイグイ進んでいける」というインプレッションを多くいただきます。

norikura4 ▲2018年 マウンテンサイクリングin乗鞍 チャンピオンクラスで、MAESTROを駆りゴールへ向かう嘉瀬峻介選手。56分34秒(速すぎ!)で4位という成績を収めました。その他にも、国内のヒルクライムレースでは数々の入賞・優勝を果たしています。

嘉瀬選手のMAESTROは、ヒルクライム仕様にカスタムを行い、総重量は6.4kg。ヒルクライムバイクとしては決して超軽量ではありませんが、重量だけで表せない大事な部分が「走るバイク」という要素。軽い=速いではないという事を、是非試乗会でお試しください。

maestro_kase▲ヒルクライム仕様といいつつも、フロントディレイラーやアウターチェーンリングの撤去、軽量カーボンパーツてんこもりといった、極端な軽量化はしていません。普通に組んでも7kg台くらいはいけそうです。

 

そして最後にご紹介するのが、トンプソンのレディース向けラインナップ「Diva」シリーズ。

こちらのシリーズでは「Diva CAPELLA」と「Diva MAESTRO」の2台をラインナップしています。基本的な性能やジオメトリーは通常のCAPELLAやMAESTROから継承しているものの、カーボンレイアップとカラーリングデザインを再設計し、より女性ライダーに親しみやすいバイクに生まれ変わっています。

Diva CAPELLA

カラーオーダーができる女性向けバイクなら、トンプソンで!
カラーオーダーはこちら>>

———————————————————————————————————————————————–

 

いかがでしょうか?

トンプソンのバイクの特徴は、「ベルギーの石畳や悪路にも耐える強度・剛性と、悪質な環境でも快適に走る事のできる優れた振動吸収性能」という事。

force-3

これらの性能を備えつつ、様々な味付けを行いラインナップとして展開をしています。あなたの性格にあったバイクはどのモデルでしょうか?

 

そして、お気に入りのバイクが決まったら、カラーオーダーをしましょう。+20,000円(税別)のアップチャージで、37色・10万パターン以上のカラーオーダーが可能です。
カラーシミュレーションはこちら>>

capella 2019 color

世界に一台だけのバイクを、トンプソンから。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook