THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

持っていますか?エマージェンシーカード

サイクリングに出かける際の装備品、携行品には、どんなものがありますか?

主なものとしては、予備チューブ、タイヤレバー、携帯工具、携帯ポンプ、お財布などなど・・・ 最低限でも、サイクリストなみなさんのサドルバッグにはこれだけのものが入っているかと思います。

携帯工具-01
(以前、私のサドルバッグの中身を大公開した記事を書いたことがありました)

 

サイクリストの数だけそのスタイルも様々ですが、今回ご紹介するのは、その中でも特に皆さんに特に携行して頂きたいもの。それは、「エマージェンシーカード」です。エマージェンシーカードとは、万が一自身がサイクリング中に事故や怪我に見舞われてしまい、緊急搬送をされてしまうような事態に備えた緊急連絡先を記したカードです。

エマージェンシーカード-01

自身の生年月日や住所、緊急時の連絡先の他、血液型や持病、アレルギー、服用中の薬の情報などを記載して、財布の中に忍ばせておきましょう。このカードが役に立つ時が来ない事が一番ベストですが、世の中いつ何が起こるか分かりません。備えあれば憂いなし、お供えと言えば鏡餅。万が一に備えて、準備をしておきましょう。

特に近頃では、SNSやインターネットの普及により、本名を知らない仲間同士でのグループライドも増えたため、エマージェンシーカードの携行はよりマストになっていると感じています。

 

想像してみてください。

グループライド中、とある仲間が不運にも交通事故に遭ってしまい、本人は身動きがとれない状態に。急いで救急車を呼び、救急隊の人が駆け付けます。「この方のお名前と親族の連絡先は?」

(あれ…?そういえばこの人のフルネームは?親族や親しい知人への連絡先は?何も知らない…) なんて事は、ありえる話です。

写真 2017-08-13 12 51 05-01

こんな時、エマージェンシーカードがあれば、1秒を争うような事態になってしまった場合にスムーズに救命措置が進められます。

普段からグループライドへ参加されている方は、大勢の仲間全員に自分の名前を覚えてもらう事は難しいものの、「財布やサドルバッグの中にエマージェンシーカードが入っているから、私がもしもの事態になってしまった時はお願いしますね。」と、周知させておく事は可能です。(個人情報なので、管理はしっかりと。)

 

もちろん何も起こらない事がベストですが、いつ何が起こるか分からないのが世の中というものですし、自転車に乗り続ける以上、交通事故や怪我という課題から離れる事はできません。

自身が交通ルールを守り最大限安全に取り組む事はもちろん、周囲への配慮も忘れずに、楽しく安全にサイクリングライフを楽しみましょう!

000-0

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook