THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

自転車のコネタ:自転車の歴史「ビシクレット(Bicyclette)」

 

1879年イギリス人のローソンが、チェーンを着けて後輪を駆動する、
現在の自転車と同じ自転車を発明しました。

ビシクレット(Bicyclette)

 

サドルの位置が低いため乗員の足が容易に地面に届き、
低重心で安定した形状だったようですが
実用化には5年という年月が費やされたと言われています。

この辺りから、自転車という乗り物の「安全性」「快適性」が向上するように改良が重ねられ、
現在の自転車に近いものになっていきました。

 

ちなみにこの自転車はフランス語で「ビシクレット」と呼ばれ、
英語の「バイシクル」の語源となったようです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook