THOMPSON MAGAZINE

ロードバイク

トライアスロンに向けて、戦闘機導入!?

連日、地獄のような暑さが続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

トンプソンオフィスのある東京都近郊では、先日青梅市でついに最高気温40度を記録したとの事です。さすがに今年の夏はちょっと暑すぎるなぁ…なんて思っている私スタッフです。(先日行ってきた那須高原も、日中は33度近くありました。)

nasu13

—————————————————————————————————————————–

 

さて、そんな長々とした前置きはまったく関係なく完全に私事なのですが、来る8月26日(日)に開催される木更津トライアスロンに、トンプソンスタッフは今年も出場予定です。(ブースももちろん出展予定です。詳細は後日後程!)

今年で3度目の参戦になる木更津トライアスロン。木更津駐屯地の中を走れるということや、都内からのアクセスも良好という事で毎年楽しみにしているレースです。このレースはオリンピックディスタンスではあるものの、バイクコースは駐屯地内の滑走路を走れるという事で、比較的直線区間の多いコースレイアウトになっています。

21078463_502378536782582_4215220503339873359_n-01

 

そんな木更津トライアスロンこと、きさトラ。いままではトライアスロン仕様にカスタムした愛車のFORCEで出場していたのですが、「そろそろミドル~ロング向けのトライアスロンバイクも1台欲しいな・・・」なんて思い始めていました。

force triathlon1-01

きさトラは、先に挙げたように直線が長ーーくて広ーーーーーいバイクコースなので、やっぱりバイクパートが気持ちいんです。「TTバイクで走ったら最高だろうなぁ~本当に飛べるんじゃないだろうか。」なんて、このレースに出場するたびに感じています。

というわけで・・・

AIR STREAM

AIR STREAM導入しました!(まだ組立中ですが)
空力とカッコよさと所有欲とモチベーションをゲットしたぞ!!お財布はとても軽くなりましたが…笑

バイクラインナップはこちら>>

 

コンポは以前のFORCEから載せ替えです。とはいっても、ブレーキレバーとキャリパー、シフターはTTバイク用のものを別途使用するので、ブレーキ関連の部品は使えません。以前のバイクから流用するコンポーネントは、

・フロント&リアディレイラー
・クランク
・ホイール&スプロケット

といったドライブトレイン系のみです。

サドルは以前のバイクからismのADAMOを流用し、ハンドルには憧れの!!3Tをチョイス!!! 一度組んで、サドルの高さをある程度出してからDHバーの高さも調整していきたいと思います。いったん仮組まで。

AIR STREAM2

 

AIR STREAMのブレーキシステムにはロード用のVブレーキを採用しているので(TRP製の物がオーダー時に付属しています)、ホイールの脱着時は通常のロードバイク用ブレーキキャリパーのように、簡単にクイってクリアランスを広げることができません。リアブレーキに関してはBB裏に配置されていますしね。

AIR STREAM3

手持ちのホイールがワイドリムだったりそうでなかったり、25Cだったりでクリアランスの調整を行う機会が増えた昨今。組み付けの際に、手元でクリアランスの調整ができるように一工夫いれて組んでみたいと思います。(あと1ヶ月しか時間がないぞ)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook