THOMPSON MAGAZINE

ロードバイク

【サポート選手情報】嘉瀬峻介選手 JBCF宇都宮ロードレースに参戦しました

去る5月13日(日)、栃木県宇都宮市にて開催された実業団ロードレース「JBCF宇都宮ロードレース」のE1クラスタへ、トンプソンがサポートする嘉瀬峻介選手が参戦いたしました。

嘉瀬選手よりレースレポートをいただきましたので、ご紹介させていただきます!

kase

——————————————————————————————————————-

 

JBCF宇都宮ロードレースE1(62位)

今回、E1のスタートは遅めの15:50。お昼頃現地入りして準備などをしましたが、天候は予報通りの雨。検車と出走サインをし、整列する頃には本降りに。寒い中JPTのレース終了を待ち、定刻のスタート。

コースは下りの途中で大きなカーブがあり危険と聞いていたので、ローリングでは注意深くコースと位置取りを確認しました。それにしても強い雨と泥跳ねがしんどい。大きな水溜りもあったり、濡れたグレーチングを踏んだりと、かなりストレスが大きく、集中力も削られる状況。

そんな中、危険箇所の含む下りを終えた平坦でリアルスタート。一気にペースが上がります。先頭はやはり強い選手がまとまりグイグイ引く。このコンディションで集団が大きいままなのは嫌なので、1周目後半で自分も若干ペースアップしてみますが集団が伸びるというよりは中途半端に抜け出してしまうような感じになったので、そのまま集団に戻り1周目消化。

2周目も集団の中で周りの動きを見ます。登りはなるベく前方で消化したいので、2周目大きな登りの前で位置をあげる。ところが、登りに入るコーナーの手前の直線で、水溜りになっていた大きめの段差に気づかず、両手がブラケットから離れ落車。レース前から慎重にはなっているつもりでしたが、濡れた手は呆気なくブラケットから抜けていました。

自分は前方に吹っ飛び、起き上がってバイクを探すと後ろでチームメイトのバイクと絡まってしまっていました。やってしまった・・・ バイクを外すのに手を貸し、チームメイトはリスタートしましたが、自分のバイクはフロントディレイラーが台座ごともげていて使えない状態に。

utsunomiya road1

もうこれでDNFかと心が折れかけて、あたふたしていると最後尾からMAVICカーが。バイクが使えない事を伝え、ニュートラルバイクを降ろしてもらって最後尾からなんとかリスタート。

ただ、代わりのバイクは予想通り、自分にはサドルが高すぎてシッティングではペダリングもできない状況。しかも、メカは使い慣れないスラムで、ブレーキは異様に効かないと最悪。とりあえず前には進めているので必死に前を追いました。

utsunomiya road2

そこからはこぼれてくる選手をパスしながらの一人旅。5周目の登りで7人ほどの集団を追い抜くと何人か付いてきたので、少し回してペースを作りました。そのまま最終周の最後の登りでペースアップして抜け出し、前にいた選手をスプリントでかわしゴール。62位。

utsunomiya road3

 

まとめ

自分が原因で落車を起こしてしまうという最悪な状況を作ってしまいました。コースの下見を良くしていれば避けられたかも知れないと思うと、完全に自分の準備不足でした。
ただ、そのあと諦めずに少しでも前でゴールしようと最後まで全力で走れたのは良かったと思います。先頭からのタイム差はどんどん離れていきましたが、最後尾からのリスタート後に20位以上順位を上げることができました。

また、今回気づけたことはレースに向けての準備以外にもありました。それは、自分よりも圧倒的に強い選手がいるということに恐れ過ぎてしまっている事です。今回も自分が抜け出しかけた時、周りを気にしすぎてしまっていました。前回の群馬でも感じましたが、E1というレベルの高さを恐れて思い切った動きができていないように感じます。中途半端に動くのは無駄に脚を削るだけなので、勿体ない事です。次のレースで試してみたい事は、修善寺のE3で優勝した時のように周りを一切気にせず、タイミングを見計らってやる時に思い切ってやってみる事です。それがダメだったら、また考えます。

次のレースは5月19日・20日のハルヒルTTとヒルクライム(榛名山ヒルクライム)です。ヒルクライムは一応主戦場なので優勝目指して頑張りたいと思います!

18582087_185010385355748_6254701787817959472_n-01

——————————————————————————————-
Report:S.KASE
Edit:N.SATO

 

嘉瀬選手によるレースレポートをご紹介させていただきました。

今回は大波乱の中なんとか完走したものの、落車&バイク破損という残念な結果となってしまいました。しかし、嘉瀬選手はロードレースに本格参戦しはじめてまだ2ヶ月、E1でのレースは今回を含めてもわずか3戦目。まだまだ伸びしろはたくさん、嘉瀬選手の更なる活躍はこれからです!!是非今後の活躍にもご期待ください!

day2-1-01

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook