THOMPSON MAGAZINE

特集・イベント

【ブランド紹介】ベルギー育ちのバイクメーカー、THOMPSONとは?

突然ですが、ロードバイクのメーカーってたくさんありますよね。

日本国内で展開されている主要のロードバイクメーカーをはじめ、名前は聞いた事があるけれど良く知らないメーカー、海外レースで走っているのは見るけれど、日本では取扱いがないメーカーなど、様々です。

DSC_0021-01

いったい、自転車メーカーって世の中に何社くらいあるんでしょう?数え切れないほど多くの自転車メーカーがある中で、皆さんはロードバイクを購入する際どんな基準で愛車を決めていますか?

 

さてそんなわけで、たくさんの自転車メーカーが存在する昨今ですが、 今回は日本ではちょっとマイナー?マニアック?な、トンプソンの魅力についてお届けしたいと思います。

FORCE3-01

—————————————————————————————————————

 

■THOMPSONとは

THOMPSON(トンプソン)は、1921年にベルギーで誕生したロードバイクメーカー。

発祥の地は、自転車ロードレースファンならお馴染みの「ツール・デ・フランドル」の難所区間として知られる石畳の激坂「カペルミュール」区間のある、「ヘラールツベルヘン」という町。

force-3

 

創業当初は家庭用自転車を作っていましたが、その優れた技術・品質が認められ、ほどなくしてレースの世界に進出。

そして1942年、トンプソンを駆るブリック・スホット選手がツール・デ・フランドルで優勝を飾ります。これがきっかけでトンプソンの名が一気に広がり、その後70年代~80年代にかけて巻き起こった自転車ブームが追い風となり、トンプソンは次第に拡大していきます。

history-clip2

 

そしてファミリービジネスから始まったトンプソンは現在、ベルギー国内に300以上の販売拠点を持っており、近年ではさらに海外への輸出ビジネスにも力を入れています。

取扱い車種もレーシングタイプからマウンテン、クロス、スポーティ、シティタイプまでフルラインアップで揃えており、加えて最新の電動アシスト自転車等も手掛けている、総合自転車メーカーと成長し続けています。
https://thompson.jp/about

IMG_0552-01

 

 

■バイクの特徴 1

トンプソンのバイクの特徴として挙げられるのが、バイクの作りがしっかりしているという事。ベルギーの石畳を走破するべく剛性・振動吸収性に長けた作りが特徴です。

CAPELLA2-01

石畳にも耐えうるほどのバイク性能は、日本の多くのサイクリストからも好評で「路面が荒れていても車体が暴れにくい!」「振動吸収性能が高いので、長距離を走っても疲れにくい」等のインプレッションをいただいております。

バイクラインナップを見る>>

 

 

■バイクの特徴 2

トンプソンのもう一つの特徴でもあり最大の魅力であるのが、カラーオーダーが豊富という事。

独自のカラーオーダーシステム”Be Creative!”は、37色のカラーラインナップからおよそ10万パターン以上ものカラーオーダーが可能です。(カーボンモデルのみ)
世界に1台だけのオリジナルバイクをお探しの方、きっと理想のバイクが見つかります。
カラーオーダーについて

シミュレーション2018

——————————————————————————————————

 

トンプソンについてご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか?

日本に上陸して数年ほどのトンプソンはまだまだ聞きなれないメーカーですが、ベルギーでは1921年より続く老舗のバイクブランドなのです。

そんな高性能・高品質なトンプソンをよろしくお願いします!

バイクラインナップを見る>>

thompson logo

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
THOMPSON 公式サイト【https://thompson.jp/
THOMPSON 公式ネットショップ【https://shop.thompson.jp/
THOMPSON マガジン【http://magazine.thompson.jp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#thompsonbikes #thompson #bicycle #cycling #roadbike #トンプソン #ロードバイク #自転車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連する記事

THOMPSON WEB CATALOG

Facebook